SSCクリニック刺青タトゥー除去のご案内

札幌スキンケアクリニック
診療科目

形成外科・美容外科
診療受付時間
火~土 10:00~12:30/13:30~18:00
休診日

月・日・祝日・院長学会出席日
予約制
お電話にてご予約を承ります。
TEL:011-728-4103

Calendar Loading

手術日
手術のため一般診療は休診とさせて頂きます。
研修休
学会等のため休診とさせて頂きます。
午後休・午前休
手術等のため、一般診療は休診とさせて頂きます。

刺青・アートメイクでお悩みの患者さまへ

<治療方法について>
当院では、QスイッチYAGレーザーを用いた刺青やアートメイクの除去手術を行っております。刺青やアートメイクは医学的には異物沈着と呼ばれます。この除去手術とは刺青(タトゥー・入れ墨)や、シミ、アザ、アートメイク、蒙古斑などにレーザー照射してメラニン色素を含む細胞(メラニン細胞)のみを破壊する治療法です。皮膚に入っている色に応じたレーザーを使用しています。この方法により正常な皮膚組織を傷つける事なく色素のみを除去する事ができます。
治療する範囲や埋入されている色素の種類や量、深さ等によって治療効果は異なりますが、範囲が広い場合は、ダーマトームで、色素の入った部分を削る治療も併用ながら、効率の良い治療を行います。
刺青を除去する方法として、長くから形成外科で行う手術法として皮膚切除術があります。この手術は皮膚を切り取ることから除去する効率においては一番よいものです。しかし、レーザーによる除去は完治までに多くの照射回数を必要としますが、皮膚を切除して縫い縮める切除術と違い、つっぱり感や傷跡が残ることがありません。切除手術による新しい傷を作らなくてもYAGレーザーで刺青の多くは消えるようになりました。そのため当院ではレーザー除去をお勧めします。安全な医療用のレーザーですので、人体に副作用の心配はありません。そのため、当院では子供や年配者も安心して、あざ治療を受けていただいております。レーザーを照射する際、輪ゴムではじかれるような痛みがありますが、場合によっては麻酔も併用しつつ治療します。


通院・治療期間について

<通院期間について>
色素が入った部分を一度に切り取るといった皮膚切除術と異なり、レーザー治療のみで治療を行う場合は何度もレーザーを照射しなければならないケースがほとんです。その場合一定期間の通院が必要になります。例えば、5㎠位の刺青であれば、1回につき約20分程度の治療で4〜5回程で除去が可能です。平均1カ月以上の期間の間隔をおいて治療します。
しかし、刺青除去に至る各々のご事情があることから、カウンセリングにおいて早期に完治を希望する患者さまが大半を占めます。このようなことから、当院では患者さまのご要望に合わせ、出来るだけ早くそして出来るだけ綺麗に、一度の通院で除去するためにダーマトームとレーザー照射の組み合わせた施術も行っています。


刺青除去でお悩みの方はご相談下さい

札幌スキンケアクリニックの院長は、当院を開業する以前、大学病院で長く診療してきた経歴を持つ専門の形成外科医です。日本形成外科学会の認定医であり、また日本レーザー治療学会の評議員でもあることから、最先端の外科技術を取り入れており、中でもあざや刺青などの高レベルの整容的修復治療に力を入れております。刺青の除去において各報道番組の取材や紙面など各メディアに多く取り上げられてきました。レーザー治療に関するコラムや著書も執筆しています。
そのようなことから、北海道のみならず日本全国から手術希望の患者さまが多く訪れています。他院で断わられた刺青除去や他院で上手く治療出来なかった刺青も、刺青を除去したいといった患者さまの想いを十分に考え、綺麗に治療した実績が多数ございます。刺青除去でお悩みの方は、お気軽に当院へご相談下さい。
刺青やアートメイクの除去治療においては保険適応外となり、自由診療となります。
カウンセリングの上、当院スタッフと治療方針や治療計画を立て治療します。
当院は患者様のために誠心誠意サポートいたします。


このページのTOPへ